診療時間 ※休日診療・急患随時受け付け ※当日、電話予約可能

〒674-0095
明石市二見町西二見駅前1-18
イトーヨーカドー明石店3F

お問い合わせはこちら TEL:078-941-0118

明石市 歯科 歯医者 審美歯科 休日診療

診療案内

診療カレンダー

採用情報

HOME»  診療案内

一般歯科

虫歯治療

虫歯とは、虫歯菌が歯を溶かす脱灰と、溶けた部分が再び固くなる再石灰化のバランスがくずれて歯が溶けていく病気です。そのバランスを左右する要因は、虫歯菌の数、唾液、歯質、食事、フッ素イオンだと言われています。

歯周病治療

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。
しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。
また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

予防歯科(PMTC)

PMTCとはプロによる器械的歯面清掃、つまり専門である歯科医師や歯科衛生士により専門の器械を使用して歯をキレイに磨き上げることです。

PMTCの効果

【歯質の強化】
研磨用のフッ化物入りペーストにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。

【虫歯の予防】
細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、虫歯を予防します。また、エナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。

【歯周病、歯肉炎の改善・予防】
歯面から歯肉縁上ならびに歯肉縁下1~3mmのプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。また歯肉が引き締まってきますので、歯周病、歯肉炎の予防にもつながります。

【審美性の向上】
タバコのヤニや茶シブなどの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。また、汚れを着きにくくします。

バイオフィルム
虫歯や歯周病は細菌感染によって起こります。歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが成熟して形成される細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。
バイオフィルムは細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、抗生剤や殺菌剤などの化学療法も効果的ではありません。
PMTCは、このバイオフィルムを除去できる効果的な方法です。

PMTCの流れ

ブラッシング状態、歯、歯肉にチェック

ブラッシングができていないところや磨きにくいところをはっきりさせます。
必要に応じて、ブラッシングの指導なども行います。また、PMTC前に歯や歯肉にどのような問題があるかチェックし、歯石があれば取り除きます。

研磨ペーストの注入

歯の表面、歯と歯の間、歯のつけねの部分にクリーニングペーストを塗ります。

清掃・研磨

  • ブラシで表裏の汚れを落とします。
  • 三角形チップで歯間部を磨きます。
  • やわらかいシリコンラバーのカップで歯の表裏、歯ぐきの間を研磨します。
  • 山形ブラシで汚れを落としにくい咬合面の溝をきれいにします。細かい部分まで全てきれいにします。
洗浄

消毒薬を含んだ洗浄液でお口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や菌を洗浄します。

フッ化物の塗布

消毒薬を含んだ洗浄液でお口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や菌を洗浄します。

PMTCは自分ではできません
歯や歯の周りには、バイオフィルムと呼ばれる細菌が作った膜ができます。
バイオフィルムは、うがいや通常のブラッシングではなかなか取り除けません。PMTCにより専用の器械を使って取り除くのが最も効果的な方法です。
また、歯ブラシの届かない所に汚れがたまりやすくなります。
PMTCはそのような所の汚れもきれいに落とします。

小児歯科

虫歯菌を追い出そう!
虫歯菌は、1歳7ヶ月からの1年間で歯に定着します。
感染は常におこるのではなく、一生のうちでおこりやすい時期が3回あるとわかっています。はっきりと検証されているのは、1歳7ヶ月からの1年間です。ちょうど乳歯の奥歯が生えそろうこの時期に奥歯の溝を格好の住みかにして、いっきに増え定着します。
この時期に定着した虫歯菌を常在菌(虫歯をつくりにくい菌)に置き換えることは非常に困難であると言われています。

フッ素塗布による予防

フッ素を歯に塗ると歯の主成分であるリン酸カルシウム(アパタイト)と反応して酸に解けにくい化合物(フルオロアパタイト)を作るので歯の表面を固く丈夫にします。
また、虫歯菌は糖分を栄養にして歯を溶かす酸を作ります。そのとき菌は自分で酸素を作ってたくさん酸を出そうとしますが、フッ素をその酸素を作るのを抑制します。
その結果、虫歯菌の出す酸が減るのです。

永久歯が硬く成熟する(15歳~18歳)までの大切な時期にこのフッ素塗布を年に数回繰り返すと長期にわたり虫歯を予防することができます。

咬合治療

見た目の歯並びはきれいなのにアゴの関節が痛かったり、違和感があったりしてませんか?また、歯並びの不整列によりアゴがずれていたり、力が入らなかったりしていませんか? 不正咬合により体の不調や疲労もあり、ただ見た目だけの治療だけではなく、咬み合わせ本来の力を取り戻す治療を行っております。

不正咬合の種類

不正咬合にも様々な症状があります。
ご自身が今どういった症状なのかを確認してみましょう。

【叢生(乱喰い歯)】
顎が小さかったり、顎に対して歯の幅が大きい場合に起こります。
歯の生える場所が足りないので、凸凹に生えたり、重なりあって生えています。
歯ブラシがゆきとどかず汚れが残りやすくなります。
その為に虫歯や歯周炎になりやすい。

【上顎前突(出っ歯)】
上あごの骨が下あごの骨より突出している、又は、下あごの骨が上あごの骨よりより後退している状態のため上あごの歯が突出している。
上顎の歯が過度に突出している場合、口が閉じにくく、口腔内が常に乾燥し虫歯や歯周炎を起こすことが多い。

【下顎前突(受け口)】
下あごの骨が上あごの骨より突出している、又は、上あごの骨が下あごの骨よりより後退している状態のため、下あごが突出している様に見える。

【開咬】
一般的には、臼歯部(奥の歯)の噛み合わせにおいて、上あごの歯が、外側にある状態が正しい。
上記のように臼歯部のかみあわせが逆になっている状態をいう。
この状態が長く続くと、上下顎の歯の真ん中がズレ同時に顔の変形にもつながる。

【過蓋咬合】
前歯が深くかみ合っており、場合によっては、下顎の歯が上顎の歯肉を傷つける状態。

保存治療

保存治療は、虫歯や神経を痛めてしまった場合に抜歯したり、神経を取ってしまったりするのではなく、薬剤やレーザー治療、根の治療により自身の歯や神経を残す治療です。

虫歯による神経への干渉
虫歯が深くまで進行し、神経が見えてしまっている場合には極力削らずに薬剤やレーザー治療により細菌を除去し、神経を保存します。
細菌による神経のう触
虫歯による細菌が神経まで侵入し神経が痛んでしまっている場合には根の治療を行います。根の治療は歯根の中の細菌や感染物質を除去し充填材で密封し、感染を防ぎます。
歯は極力抜かないように
虫歯はそのままにしておくと、痛みやう触だけではなく、様々な機能障害や重篤な病気を引き起こします。また、自身の歯を失ってしまいます。そのため早期発見、早期治療をすることにより、いつまでも健康的な口元保ちましょう。
TOP